CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 早いもので… | main | 韓国へ >>
観劇の秋
今月はずっと日本にいることができたので、
いろいろ舞台を観てきました。 

ひとつめは、これはもはや仕事で観たと言った方が
正しいかもしれませんが、帝国劇場で上演されている
東宝ミュージカル「エリザベート」。

「エリザベート」は「MOZART!」と同じ
ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイが
作者であるウィーンミュージカル。

この韓国版は2012年に上演予定なのですが、
来月リーヴァイさんがタクトを振られるガラコンサートが、
ソウルで行われ、その中で「エリザベート」の中からも
数曲披露されるとの事。
なのでいろいろ下見も兼ねて、慌ただしく日本に戻ってきていた
衣装デザイナーの韓さんと一緒に観てきたのです。


日本版はこんな感じです。 

石丸幹二さんの「トート」かっこよかったですね〜
写真だけ見ていると、このビジュアル系の役って…と思っていましたが(笑)
実際に観ると衣装もとても素晴らしく、面白かったです。
もう日本では宝塚バージョンを入れれば膨大な回数上演されているので、
なんといっても演出に安定感がありましたね。
「勝ったのね♪〜」というフレーズが頭の中でリフレイン♪
韓国語バージョンはどんな感じなんでしょうか?!


ふたつめは今月26日から世田谷パブリックシアターで始まった
「ガラスの葉」


萩原聖人さん、田中圭さん、平岩紙ちゃん、銀粉蝶さんの4人芝居。
演出はご自身も俳優である白井晃氏。

久々に日本の演劇の空気感に触れて新鮮かつ懐かしかったです。
学生の頃から、演劇観まくっていましたから。

松井るみさんの舞台表現が面白かったです。
ただ、舞台に描かれているものや衣装は現在の日本なのに、
役名がスティーブンとかバリーと外国人の設定というのに
頭が固い私めは初め慣れませんでした(原作がイギリスなので)

でも話が佳境に入ると役者さん達の演技力に引き込まれて、
名前なんて気にならなくなりましたね。

こちらは10月10日まで上演されております。

これから来年にかけて日本で観たいお芝居が山のようにあることを
配られたチラシで知ってしまいました
封印していた(?)観劇熱がメラメラ〜大変大変!




| 観劇 | 00:27 | comments(6) | trackbacks(0) |
           
コメント
こんばんわ。
エリザベートずいぶん前に大阪で観ました。
ずいぶん前と思ってたら初演から10年になるんですね。
その時はエリザベートが一路真輝さんでした。
山口祐一郎さん、高島兄さんはずっとやってらっしゃるんですね。
韓国でも上演の予定なのですね。モーツアルト!が素晴らしかったので、韓国で上演されるなら是非観にいきたいです。
ジュンスさんが出たらいいのにな〜。あんまりトートのイメージではないですけど。
来週モーツアルトのコンサートに行きます。
ひとりで時間も充分あるので、福島さんがブログに書いていらした東大門の手芸用品(?)売り場も覗いてみようとおもっています。
| ぽー | 2010/10/02 9:05 PM |
ぽーさん

「エリザベート」は長く日本で人気がありますよね〜
エリザベート自身の人生がドラマチックで人気ありますから。

日本からガラコンサートを観に来られる方が本当に多そうですね。

東大門総合市場は本当に広く、ほとんどが卸専門ですが、
私が大好きな5Fの手芸売り場は小売りもしてもらえるので、
楽しいですよ! オススメです。
| Etsuko Fukushima | 2010/10/02 10:57 PM |
「エリザベート」ご覧になりましたね。
私は日本の初演(宝塚の雪組)から見ていますが
宝塚で上演するにあたり
王政に対する皮肉など抑え目にして
「愛」前面かつ全体に強くしたのが
宝塚らしさになり成功出来たんだと思います。
結構、日本バージョンの演出や歌の追加などがあり
ブロードウェイ作品と違い自由でしたね。
韓国のコンサートの中の「エリザベート」では
ルキーニ(暗殺者であり、このも物語の狂言回し)の
ミルクをウンデさんがやるようですね。
練習風景でミルクを歌っていました。
(ルキーニはミルク売りになって、
「みんなは子供のあげるミルクすら買えないのに
エリザベートは王宮でミルク風呂に入っている」と
庶民たちの不満をあおり、エリザベートに向けるシーン)
<http://www.playdb.co.kr/magazine/MovieView.asp?sReqPlayNo=18508&sReqKind=017008&sReqMediaNo=25919>
ウンデさんがトートとジュンスさんがルドルフで
「闇に広がる」を聞きたいです。
| rieko | 2010/10/03 1:20 PM |
riekoさん

相当の「エリザベート」通でいらっしゃいますね?
韓国ではこの役を誰が演じるんだろうと、
いろいろイメージされるのも楽しいでしょうね。

ガラコンサートはお祭りみたいな感じなので(私のイメージでは)
本当の韓国版「エリザベート」は2012年までのお楽しみですね。

せっかくウンテさんの練習風景をリンクしていただいたのですが、
最後の>マークが余計だったようで、そのままですとエラーに
なってしまうようです。

ご覧になりたい方は下記をクリックしてください。

http://www.playdb.co.kr/magazine/MovieView.asp?sReqPlayNo=18508&sReqKind=017008&sReqMediaNo=25919
| Etsuko Fukushima | 2010/10/03 10:14 PM |
今後の興味ある舞台…私は、やっぱ三谷さんの舞台と〜
大人計画と〜…後、何だろ???

少し笑える舞台がすきです♪

でもでも、やっぱ
韓国で観るミュージカルやパフォーマンスが今は好き。
旅行に行ってて気楽に観劇♪
これ、最高です!
| Yukako Ozaki | 2010/10/04 11:53 AM |
Yukako Ozakiさん

三谷さんの新作2本、ぜひぜひ観たいです!
大人計画の初再演も興味津々です!
私も笑えるのが何よりのストレス発散になりますね〜

ひとつずつ消化してまいりましょう!

観光で行く韓国…もう何年も行ってないような気がします(泣)
| Etsuko Fukushima | 2010/10/04 10:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック