CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 札幌での合同展のお話 その3 | main | ウンテさん結婚式→「皇太子ルドルフ」 >>
韓国ミュージカル「ラ・カージュ」→「双花別曲」
9月3日に札幌から戻り、ホッとする間もなく
9月4日で千秋楽を迎えた韓国ミュージカル
「ラ・カージュ(日本タイトル「ラ・カージュ・オ・フォール」)」を
観るために渡韓。


7月から始まったこの作品は個展準備とバッチリぶつかったので
私はほとんど衣裳制作に参加していませんが、
ちらっとハンさんが日本に戻った折に
カフェでずらっとデザイン画を並べられて相談されたり(笑)
夜中に何枚も写真が送られてきたりしていました(笑)

ミシンが並んだ誰もいない部屋で撮影されたドレスの写真を見て、
「夜中に一人で悩んでいるのね〜」と可哀想になり
制作の手を止めて相談に乗った夜も多々

なのでいったいどんな作品に仕上がったのか気になり
「ラ・カージュ」を観に行ったのですが、
実はもうひとつ観に行きたい理由がありました。

それは私が初めて韓国ミュージカルの衣裳を手伝った思い出の作品
「クレオパトラ」の蛇役で強烈なダンスを魅せてくれたモ・ジミンさんが
この「ラ・カージュ」にダンサー役で出演されていたから。
初めてお会いしたときからその愛らしいキャラに魅了され
私達衣裳チームはみんなジミンさんが大好きになったのですが、
その後ご一緒する機会になかなか恵まれず残念に思っていたのでした。

今回ようやくジミンさんの踊りを久々に拝見できて嬉しかったですね。
でもハードなダンスシーン満載で連日からだはボロボロ。
とうとう千秋楽後、入院してしまったジミンさん(もう退院されてます!)

千秋楽終了後お気に入りのブラックスワンの衣裳を着たジミンさんと

この「ラ・カージュ」はゲイカップルが主役のお話ですが、
全く雰囲気の異なるダブルキャストになっており
私が観たのはザザ役がチョン・ソンファさんバージョン。

もうひとりのザザ役はお美しいキム・ダヒョンさん(右)
(このソンファさんが着られているドレスの衿ぐりにある飾りは
実は私のお手製であります…コソッ)

ダヒョンさんはとにかく素顔がステキ♡

コメディアン出身のソンファさんは登場したときから笑いの渦が起こり、
抜群の歌唱力で聴かせ、圧倒的な存在感がありました。

ダヒョンさんバージョンを観た人はあまりの美しさにうっとりしたと
声を揃えて言っていたので再演の折はぜひ拝見したいですね〜

こうしてタイプの違うダブルキャストで成功した「ラ・カージュ」ですが
実は一番印象に残ったのは
変幻自在の執事ジャコブを演じられたキム・ホヨンさん。

登場のメイド姿で観客の心を鷲掴み!

これも執事の衣裳?!

本当の執事の正装はこれらしい(笑)

もうホヨンさんに夢中になってしまった私はどうしても素顔を拝見したく、
打ち上げ会場でご紹介していただいちゃいました。

素顔も色白お肌つるつるで可愛いホヨンさん♡

そして偶然この時にハンさんが衣装制作を進めていた「双花別曲」にも
ホヨンさんとダヒョンさんが出演されることを知り、
全く興味がなかった僧侶のお話の創作ミュージカルに
俄然関心が湧いたのでした(笑)

千秋楽の翌日からはその「双花別曲」のリハーサルを観に行き、
ザザやジャコブとは180度違うお坊さん役のキム・ダヒョンさんと
キム・ホヨンさんを観て、
役者さんってすごいな〜と単純に感心してしまいました(笑)

このお二方の間におられるのはヨソク王女役のチョン・ソナさん。
覚えていらっしゃる方も多いでしょうが、
「MOZART!」のコンスタンチェ役でお馴染みですね。
他にも「エビータ」「アイーダ」「ドリームガールズ」などなど
韓国を代表するミュージカル女優さんです。
今年の再演には出られなくて残念がっていたのは私だけではないはず。

今回の渡韓は仕事をするつもりではなかったので
刺しゅうをして欲しいと言われた時は「ハァ〜?!」と思いましたが
ソナさんの衣裳だと聞いて「じゃあやる!」って言ってました(笑)

同じようにソナさんも作品の出演を悩んでいた時、
衣裳がハンさんだと知り「じゃあやる!」と決めてくれたそうです(笑)

「MOZART!」以来ご一緒する作品はなかったのですが、ご自身が主演を
努められる度に「衣裳はハン先生がいい」と言ってくれ、実際に依頼も
いただいたことがあるのですがスケジュールが合わず断念。

そんなソナさんの思いに答えたく、徹夜して胸元と裾に
ビーズ刺しゅうを施しました。

最近日本にもよくいらっしゃるソナさんは豪快な日本語で
「衣裳素晴らしい!!!」と何度もおっしゃってくれましたね〜
ホントにキュートでステキ

こちらの作品は9月30日までユニバーサルアートセンターで上演中。

そして滞在中に11月から始まる「ルドルフ」の顔合わせにおじゃまし、
ルドルフ役のパク・ウンテさんと再会。
ご結婚のお祝いを泣くふりしてお伝えしたら(笑)
日本語で「大丈夫です」とファンの私を気遣っていただきました。
そして思いがけず結婚式にご招待していただきましたので、少し悩みましたが
せっかくだからと出席させていただくことにいたしました。
結婚式当日の今月24日に再び韓国へ行き、
少しだけ「ルドルフ」の衣裳も手伝ってきます。

buanobiの作品をお待ちいただいている皆様には
また少しお待ちいただく事になってしまい申し訳ありません。
次回のオンラインショップのアップは10月になってしまいそうです。
いましばらくお待ちください。









| 韓国ミュージカル | 11:04 | comments(6) | trackbacks(0) |
           
コメント
オンラインショップもですが、パク・ウンテさんのお式の様子もお願いいたします^^
日本版「ルドルフ」では、ルドルフとマリーの素敵な二重唱があり、是非ウンテさんで観てみたいなぁと思いながら観ていました。
時間が許せば観たいと思って居ます^^
| 夕佳 | 2012/09/20 2:09 PM |
夕佳さん

韓国の結婚式自体初めてで、しかも芸能人同士のカップルですから
楽しみですね〜♪

日本の「ルドルフ」は個展と重なり観られなかったのですが、
そんなステキな二重唱があるんですね。
| Etsuko Fukushima | 2012/09/20 7:19 PM |
韓国レポ、楽しく拝見しました^^「ラ.カージュ」とても楽しそうなミュージカルですね。是非、日本で上演して欲しい!韓国ミュージカルどんどん日本へ来て欲しいですね。そして沢山の人に素晴らしさを知って欲しいです。
あぁ~ソナさんは相変わらずお美しい~ソナさんの豪快な日本語きいてみたいです。
ウンテさんの結婚式はどうされるのかなぁと思ってましたが、行かれるのですね\(^o^)/いっぱいいっぱい「おめでとう」を言って来てくださいね^^

新作upが10月になって良かったです^^当初予定の9月末は済州島へ誰かさんのファンミに行くのでチェックできな~いと残念に思ってました^^
| miah | 2012/09/21 6:49 PM |
久しぶりに韓国ミュージカルのお話ありがとうございます。
ウンテさんご結婚決まったとき ちょっぴりショックだったのですが、モーツアルトの時お会いしたらすごく晴れやかな笑顔でサインして頂きました。「ご結婚心からお祝い申し上げます」と、是非是非お伝え下さい。12月にルドルフ観に行きます。
そして、キム・ホヨンさん本当に歌がお上手な方ですよね。
4月に観た「モーツアツト オペラ ロック」ではくるくると動いて溌剌としたキュートなモーツアルトでした。日程が合わずに「双花別曲」見れないのが残念です。チョン・ソナさんの「アイーダ」も楽しみです。「ルドルフ」の衣装どの部分をお手伝いされるのかご報告お待ちしています。
札幌では連日暑い中お疲れ様でした。初日に妹とお邪魔してお会いできたこと嬉しかったです。
| perle | 2012/09/21 9:37 PM |
miahさん

日本版とはまたひと味違う「ラ・カージュ」なので
いつか日本でできるといいですね〜
韓国では再来年の再演が決まっているようです。

結婚式はお昼からでしたら出席を見合わせたのですが、
夜からだと聞いて出席させていただくことにしました。

誰かさんも出席されたら盛り上がりそうですけどね〜(笑)
| Etsuko Fukushima | 2012/09/22 8:13 AM |
perleさん

札幌の初日にお越しいただきありがとうございました!!

あの時は遅刻してしまったうえに、準備する間もなく
お客様がどんどんいらしたので、超バタバタしてしまい
失礼しました。

ホヨンさんはお初だったんですけど、とっても魅力的な方ですね〜
「双花別曲」の練習中もたまにふざけてジャコブが出てきたりして(笑)
ダヒョンさんも負けじとコミカルなお坊さんなので意外と面白かったです。
上演期間が短く中国公演に行ってしまうそうなので、逆に観られる方が
ラッキーなのかもしれませんね。
| Etsuko Fukushima | 2012/09/22 8:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.buanobi.com/trackback/1220844
トラックバック