CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< アラベスク風刺しゅうのスリムがま口財布 | main | 刺しゅうブローチレシピその1 >>
マスク職人と化しました

2月から本格的にコロナ感染の波が日本に押し寄せ、

街からあっという間にマスクが消えました。

 

私は生まれてこのかた、マスクをしたことがありませんでした。

どちらかというと嫌いでしなかった感じです。

 

なので当時、我が家にマスクは防災バッグの中に入れていた2枚だけ。

 

そんな頃に登録だけしているある手作りサイトから

「手作りマスクを販売してください」という一斉メールが届き、

そのサイトでいろいろな作家さんのハンドメイドマスクを見ていたら

私も作ってみようかな〜という気分になりました。

 

当初、立体マスクは鳥のくちばしのようなイメージであまり好きではなく

プリーツのマスクを作ろうといろいろ調べていました。

 

まず手元にあるダブルガーゼはどれもカラフルなものでマスク向きではなく

(以降これらは巾着となりました)

白いガーゼとマスク用のゴムを手に入れようと検索していたら

いつも買っているお店はどこも売り切れになっていました。

 

それでも毎日検索し、なんとか少量をゲット。

その時購入したお店がたまたま立体マスクのパターンをおまけで入れてくれ、

試しに作ってみたところ、どうもしっくりこない…

他のパターンでも試してみようかといくつかダウンロードし、

いつの間にか良いとこどりの立体マスクパターンが完成していました。

 

大きめだと顔のサイドまで覆ってくれて小顔効果があるな〜とか

このカーブだと鼻と顎に引っかかるからノーズワイヤーいらないな〜とか

立体でもくちばしっぽく見えないな〜といつの間にか

プリーツマスクより立体マスクの方が良くなっておりました。

(ガーゼのプリーツマスクはアイロンが面倒臭かったのもあります)

 

ただ私が作った良いとこどりパターンでは

ミシンで縫うのがとても難しいカーブに加え

ただでさえ縫いづらいダブルガーゼをさらに4枚重ねするという

作り手にとって悪夢のような(笑)マスクでした。

 

でもマスク嫌いの私が納得するものが完成し、

頼まれてもいないのにご近所、友人家族に配ってみました。

 

そうしたところ、これまでも毎日仕事でマスクをつけていたお隣さんが

私が驚くくらい大絶賛してくれたのでした。

どこがいいかというのもわざわざ解説してくれてw

これは絶対売れる!と言ってくれました。

 

最初正直販売する気はありませんでした。

自分と周りの人の分だけあればという気持ちでしたが

今そんなにマスクが求められていて、

立体マスクは難しく作れる人しか作れないのだから

作れる私が作ろうと自分を納得させて販売することに決めました。

 

ただし仮にも刺繍作家の私が作るマスクなのだからbuanobiらしさを

加えたいという欲も出てきてしまいこれがまた私を苦しめることに。

 

buanobi作品ではポーチやバッグの内布にダブルガーゼを

ドットステッチでキルティング仕立てにしたものを使用しています。

 

このドットステッチをどこかに使えないかな〜と試してみたところ

今まではダブルガーゼにキルト綿を当てて縫っていたので

あまり感じませんでしたが、

ガーゼに前後左右動き回る刺繍ステッチをかけるというのは

至難の技だったのです!

 

ドットがすぐにずれてしまい、何度解いたかわかりません。

もう刺繍ステッチは諦めようと何度思ったことか…

 

しかし人間40代でも成長するものでw

徐々にコツが掴めるようになり、失敗の数も減り

今ではさらに難易度の高い刺繍ステッチまでかけられるように。

 

 

刺繍ステッチ問題は解決しても当時は本当に材料が手に入らず

最終的にはミシン糸までどこも完売しており苦労しました。

 

最後のダブルガーゼは注文してから一ヶ月以上待って届き

その頃には今までの4枚重ねのマスクでは暑く感じてきたところでした。

 

なのでまた試行錯誤し、ハリのある一重ガーゼと組み合わせて

夏用マスクに変更しました。

 

こちらはbuanobiショップ

ただ今お得な3枚セット送料無料で販売中です!

 

この数ヶ月マスク販売を通して新規のお客様にもbuanobiの事を

知っていただいたり、6割以上の方々にリピートしていただいたり

わざわざ感謝のコメントをお送りいただいたり

本当に特別な機会を与えていただきました。

 

妥協しない丁寧な物づくりは伝わるんだなと改めて実感した日々でした。

 

現在、おかげさまで刺繍作品への多くのリクエストいただいております。

すでに刺繍作業に突入しておりますが、

マスク制作と並行しておりますのでややスローペースです。

リクエストは常に気にかけておりますので

どうぞ気長にお待ちいただけましたら幸いです。

 

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 製作風景 | 13:10 | comments(0) | - |
           
コメント
コメントする