CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
バンコクに行ってきました
あっと言う間のバンコク4泊5日から戻ってきました。

今回は北海道にあるフレンチエスニック雑貨のお店
pistache(ピスターシュ)」のオーナー、渋谷さんと
ご一緒させていただきました。

渋谷さんがセレクトしてくださったスクンウィット/ソイ26にある
ホテル「St.James Hotel」に宿泊。
シンプルでおしゃれでお安めのとっても良いホテルでした。
BTSの「プロンポン」駅まで徒歩で行けるので、
移動も楽々♪ 
リピーターが多いのも納得です。

そのホテルのすぐ近くにある
老舗麺屋さんのバーミーナーム(汁あり小麦麺)


朝食にぴったりのさっぱりスープで美味でした。

しかし何といっても今回一番美味しかったのは
渋谷さんのお友達で、タイ在住4年目のmuchicoさんが
オススメしてくれた、チャトチャック(ウィークエンドマーケット)の
セクション2と3の間くらいにある小さなバーミーのお店の
バーミーヘン(汁なし小麦麺)。


バーミー好きの私の心をがっと掴みましたね〜
これで35バーツ。100円もしないのです!
2回行きました、はい。また食べたいです。

それと、渋谷さんがお取り引きしている
チャトチャックのお店「Various shop」のオーナーが
オススメしてくれたカフェ「bubble」


こちらもセクション3にあるのですが、
安くて本格的なカフェ。
いつの間にこんなこじゃれたカフェが
チャトチャック市場に登場したんでしょう!?

教えてもらわなければ、通りすぎてしまうくらい
さりげなくそこにあるといった感じです。
コーヒー嫌いの私はアイスティーをいただいたのですが、
砂糖を入れるどうかタイで聞かれたのは始めてでした!
(タイのアイスティーは死ぬほど甘いのが定番です)
無糖のアールグレイのアイスティーが
チャトチャックで飲めただけで感激してしまう私…
そしてこちらのスウィーツがまた美味でおしゃれ!


カップケーキ好きの私の心をわしづかみにしました
この手作り感がたまらないのです。

この10年の間に本当にチャトチャックは変わりましたね〜
私も昔のように無駄買いはしなくなりました(笑)

とまあ、食べ物の話ばかりになってしまいましたが、
初めて買い付けなるものに同行させていただいた今回の旅、
とても楽しかったです!
渋谷さんはステキなバッグやアクセサリーをゲットされてましたよ!
「pistache」要チェックです!(WEB店頭に並ぶまでしばしお待ちを)
ついでにbuanobiも宜しくお願いします!

私もステキなシルクをゲットしてまいりましたよ〜

今年に入って、全然制作が進んでいませんので、
早速明日から取りかかります。

どうぞお楽しみに。




| タイ | 21:29 | comments(3) | trackbacks(0) |
           
「プール」鑑賞
つくばスローマーケットが終わり、その後の急ぎのお仕事も終え、
ようやく映画「プール」を見に行ってきました。


公開前より楽しみにしていたタイ・チェンマイが舞台の映画です。
楽しみにしていた時の記事は→コチラ

相変わらず主演の小林聡美さんの映画には
美味しそうな食べ物がいろいろと登場します。

中でも、加瀬亮さん演じる市尾が作る鍋が、気になって気になって。
本編では中身があまり映らなく、何鍋なのか説明もない。
でもおいしそ〜に食べている場面があるのです!
明らかにおいしそ〜なんです。

エンドロールで鍋の中身が判明! よだれもんでした
もうひとつ美味しそうだった揚げバナナ
レシピがに紹介されていました。

もうひとつ注目していたのが撮影場所に使われていた
バーンロムサイのゲストハウス。
主人公の京子が切り盛りしているゲストハウスとして登場しています。

チェンマイにあるHIVに母子感染した孤児たちの生活施設
「Ban Rom Sai」
代表の名取美和さんが書かれた本に感銘を受け、
微力ながら応援してきた施設です。

寄付だけに頼らず自立した運営を、という目標のために
敷地内に建てられたこのゲストハウス。

とてもステキな所だと、映画を見て改めて感じました。
いつか絶対に行きたい!

そして、やっぱりタイの子供はかわいいな〜と思わせてくれる
ビーという少年。演技だったのかな〜?と思わせるくらい
とても自然でした。

刺繍のシーンがあって何だか嬉しかったのですが、
ここは大事なシーンで、ネタばれになるのも嫌なので、
気になる方はぜひ映画館へ。

チェンマイの風が感じられますよ!












| タイ | 00:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
           
ひとり弾丸トラベラー in Bangkok Part2
バンコク仕入れ旅行、第2弾であります。

短期でバンコクに行く際は、
必ず土日のどちらかが入るようにスケジュールを組みます。
なぜなら、ウィークエンド・マーケットに行きたいから。
総勢1万の店舗がひしめいた巨大マーケットは、
かなり難易度の高い迷路のようです。
しかも屋根はありますが、冷房はほとんどゼロモゴモゴ
行くにはかなり覚悟が必要です。

最初に行ったのはかれこれ10年前でしょうか。
衣類、雑貨、インテリア、食品、ペット、植物…と
ありとあらゆるものが低価格で売られているこの市場は、
観光客向けというより、バンコクっ子であふれています。
 
当初はどれも目新しく、あれもこれもと買いあさりましたが、
何度も行くうちに、目当ての場所を把握してきて、
以前のように無駄歩きしてダウンすることはなくなりました。

しかしこの10年で電車や地下鉄が開通し、
交通の便は格段に良くなりましたし、
お店も若い店主達が増え、どんどんレベルアップしてきました。
ここで売られているものに3、4倍の値がついて
バンコクの高級デパートで売られているくらいです。

開店から閉店までいましたが、
全体の四分の一も見られませんでしたね。
疲労困憊しましたが、なかなか良い買い物ができました。

肝心のタイシルクの仕入れはこのウィークエンド・マーケットではなく、
中華街近くの「オールドサイアムプラザ」に行きました。
古くて地味なショッピングセンターですが、
2Fにはタイシルクショップやオーダーメイドのお店が並んでいます。

ここで以前に来たお店をようやくみつけ、
オレンジとラベンダーのすてきなマットミー(絹絣)をゲット!
それから何百色のシルクが並んでいる中、
悩みに悩み5色の無地を選びました。
あとは、ホテル近くにあった「ジムトンプソンアウトレット」で
思いがけずブロックチェックのシルクを多数ゲット!
いや〜大満足ですラッキー

中華街にはもうひとつ「サンペンレーン市場」という
生地屋やボタン屋、ビーズ屋、アクセサリー屋などが
信じられないくらい狭い通路の両脇にひしめいている所があり、
雨宿りも兼ねて、久々に行ってみました。
インド街にも近いので、サリーなどのお店もたくさんあります。

私は偶然こぎれいな「JAREON BEADS」というお店をみつけ、
そこでスパンコールを山ほど購入してしまいました。
きれいな色がいっぱいで興奮しちゃいましたね。

しかしまたこのお店にたどりつけるかは自信ありません。

いやはや内容の濃い2日間でありました。
誰もこのペースでの仕入れにはついてこられないでしょう(笑)
自分でも自分を褒めてあげたい感じです。

暴動で騒がれ、まだまだ不安が囁かれるタイですが、
私が見た限り、観光には問題なさそうです。
しかし、まだ解決していない政治問題山積みですから、
渡タイされる方は、事前に調べていかれることをオススメします。

これから仕入れて来たタイシルクをしばし眺めて楽しみ、
何を作ろうか思案しようと思います!
どうぞお楽しみに〜




| タイ | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
           
ひとり弾丸トラベラー in Bangkok Part1
久々に行ってまいりました、バンコクへ。

2泊4日という弾丸トラベラー並みのスケジュールの中、
バンコクの端から端へと、シルクを求めてかけずり回ってきました。

しかし、この仕入れの旅は、展示会を終えた自分への
慰安(?)旅行も兼ねており、本日はそちらのご報告。

ささやかな自分へのごほうびに選んだのは、
バンコクで一番美味しい「カーオマンガイ」を食べること。

それが食べられるのは、スラウォン通りに面した老舗ホテル
「モンティエン」の中にあるコーヒーショップ「RUENTON」

ガイドブックにはあまり載っていないと思われる穴場です。
お店の場所自体、宿泊客でもわかりずらそうな奥にあります。

私はタイ人のお友達に何度か連れてきてもらいました。
バンコクきってのオフィス街に近いので、
サラリーマンやお金持ち華僑の方々がよくランチに来ています。

緑と白を基調にした店内、テーブルのランチョンマットに
メニューが印刷されており、
「RUENTON SPECIALITIES」がカーオマンガイのこと。

これまた大好物のテンモーパン(スイカシェイク)を飲みながら、
しばらく待っていると、やってきました!

これがモンティエンの「カーオマンガイ」

カーオマンガイは「ゆで鶏ごはん」と言われ、
タイの屋台や日本のタイ料理屋さんのメニューにもよくありますが、
モンティエンのは、まず量が多い!
鶏肉はもも肉とむね肉、そしてルゥアック・ガイ(鶏の血)とどっさりです。
このスチームした鶏肉がプリップリで、
皮なしなのに、とってもジューシー(皮付きで頼むこともできます)
ショウガの効いた辛さの違う3種の自家製たれと
黒酢たれの4種のたれにつけていただきます。
普通は多くて2種類ですかね。

そして鶏肉油で炊いたご飯と、冬瓜の入ったチキンスープがこれまた美味!

一人でニヤニヤしながら食べていると、
店員さんが入れ替わり立ち代わり「アロイマイカ?」(美味しいですか?)と
聞いてきました。よほど美味しそうに食べていたのでしょう(笑)
店員さんも高級ホテルだけに、みなさん品が良く、ホッとできます。
食後にケーキを勧められ、雰囲気に負けていただいてしまいました。

お値段はサービス料やら税やらでかなりお高めですが、
全然惜しくないと思えるほど、最高の時間でした。

食べてきたばかりなのに、また食べたくなってきてしまう…
またしばらくおあずけです。
バンコクに行かれる際は、ぜひ行ってみてください。

Part2は、仕入れの成果をご報告します!



| タイ | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
           
「プール」in チェンマイ
最近気になっていたPASCO超熟のCM
小林聡美さんが手際良くサンドウィッチなどを作る様子でおなじみ。

ずっと北欧編が続いていて、それもお気に入りでしたが、
今年に入ってからのCMは何やらアジアの香りがぷんぷん。

その謎が判明しました。

大ヒットした「かもめ食堂」はフィンランド・ヘルシンキが舞台でした。
今年はタイ・チェンマイが舞台の「プール」という映画が公開されるとの事。
CMはこの撮影地で撮られていたのですね〜

どうりで、好きな雰囲気だったわけです。

その流れでいろいろ検索していたら
すごいサイトに出会ってしまいました!
その名も
小林聡美.jp

1年限定のサイトらしく、「プール」ともリンクしていて
タイの風景や料理などの画像もいろいろUPされています!
私のチェンマイ思い出の場所「チェンマイ動物園」の動画まで!

「やっぱり猫が好き」の頃から小林さんの大ファンである私には
たまらないです♪ 小林さんの生声も盛りだくさんラッキー

「かもめ食堂」で北欧ブームに拍車をかけた小林さん、
「プール」でタイブームが巻き起こるのか!
期待を込めて見守りたいと思います。



| タイ | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
           
<< | 2/2PAGES |